紫外線 悪影響

紫外線は美肌にとって悪影響ばかり?!しっかり紫外線対策を行いましょう!

紫外線は肌に良くないとは知っていても、実際にどの様な悪影響を与えているのかご存知ですか?「ただ何となく…」というだけでは、紫外線に対して危機感を感じにくくなってしまうと思います。

 

そこで今回は、紫外線が肌にどのような悪影響を及ぼすのかをご紹介していきます。又、紫外線対策もご一緒にご紹介しますので、毎日の生活に取り入れてみて下さいね!

 

紫外線が肌に与えるダメージはとても大きかった!?

シワやたるみは加齢のせいと思いがちですが、これらは紫外線とも関係しているのです。紫外線を浴びると肌内部のコラーゲンやヒアルロン酸が減少する為、肌のハリがなくなってしまいます。ハリがなくなるとたるみが生じ、シワをつくってしまうのです。

 

又、シミも紫外線が原因でできてしまうのです。紫外線が肌に当たる事で、メラノサイトという細胞がメラニンを生成します。生活習慣の乱れやストレスでターンオーバーに異常があると、メラニンは肌に残り続け色素沈着を起こしシミとなるのです。

 

そして、最も恐ろしいのは紫外線が皮膚ガンの原因になりうるという事です。肌に悪影響を及ぼす紫外線は2種類あり、UVAとUVBと呼ばれています。この内のUVBは非常に強力で、浴び過ぎてしまうと肌が赤くなりヒリヒリと痛みを伴います。

 

酷い場合ですと水ぶくれまでできてしまい、皮膚科の受診が必要となってしまうのです。この様に肌に大きなダメージを与える事が度々あると、皮膚ガンの危険性が高くなるのです。肌だけではなく健康にも悪影響を与えるので、紫外線対策はしっかり行いましょう。

 

肌に与えるダメージを軽減させるには?!

最も大切なのは、1年中日焼け止めクリーム等で紫外線をガードする事です。夏場は日焼け止めクリーム以外にも、サングラスやUV対策用の衣類をプラスしましょう。日傘も持っていると安心ですね。

 

そして日焼けしてしまった時の対処法ですが、肌に赤味や痛みがある場合はほてりが引くまで冷やす事が大切です。この様な日焼けは火傷と同じです。よって冷やす事で炎症を抑える事ができますよ。

 

又、紫外線からのダメージにより肌は乾燥してしまいます。美白も大切ですが保湿成分が含まれた化粧品を使い、肌の潤いを保ちましょう。特に冬場は乾燥対策をしっかり行いましょうね。

 

肌の健康には規則正しい生活やビタミンなどの栄養素も欠かせません。先程も少しご説明しましたが、生活習慣の乱れやストレスはターンオーバーに異常をきたします。その為にも生活習慣を改善し、食生活なども改める必要があります。

 

食事はバランス良く摂取し、適度な運動、十分な睡眠も心掛けましょうね!

 

紫外線から肌を守りましょう!!

今回は、紫外線が肌に与える悪影響をご紹介してきましたがご参考になりましたか?肌だけでなく健康も損ねてしまう紫外線には十分注意が必要です。春夏秋冬、毎日紫外線対策を行う事で10年後の肌が違ってきますよ!

 

ぜひ今回ご紹介した事をご参考に、紫外線対策を行って下さいね。いつまでも美しい肌を保ちましょう!!