紫外線 種類

紫外線には種類があった?!種類によって肌に与える影響も対策法も違いました!!

紫外線には種類があるってご存知でしたか?実は、その種類によって肌に与える影響と対策方法が変わってくるのですよ。日焼けしても間違った対処法では効果がありません。

 

紫外線についてしっかり知り、美肌の為にも対策をしておきたいですよね?そこで今回は紫外線の種類と、その影響・対策をご紹介していきます。ぜひ最後までご覧下さいね!

 

紫外線は3種類もあった?!

紫外線にはUVA(紫外線A波)・UVB(紫外線B波)・UVC(紫外線C波)の3種類があります。この内UVCは、オゾン層により地上には届きませんので心配はいりません。問題なのはUVA・UVBです!

 

下記ではUVAとUVBの特徴と対処法をご紹介していきますね。

 

UVAの特徴と対処法とは?

UVAは非常に浸透力があり、肌の深層まで到達してしまう紫外線です。UVBは夏場に多く降り注ぎますが、UVAは1年中変わりません。シミやシワをつくらない為にも、毎日のケアが肝心ですよ。

 

UVAによって引き起こされる日焼けをサンタンと言います。サンタンとは肌が褐色に色付いた状態の事で、痛みや赤味を伴わない日焼けの事です。サンタンになった時は、美白化粧水等を使いケアしましょう。

 

UVBの特徴と対処法とは?

UVBは非常に強力な紫外線です。よって多く浴びると肌に炎症を起こします。UVBによる日焼けをサンバーンと言い、サンタンよりも酷い症状が表れるのです。

 

「サン=太陽・バーン=火傷」という意味がある様に、サンバーンは火傷です。医学的に言うと「日光皮膚炎」です。よって肌に与えてしまうダメージは非常に大きいのです。

 

サンバーンは肌が赤くなり、ヒリヒリと痛む特徴があります。酷い時は水ぶくれもできてしまいますので、その際は皮膚科を受診して下さい。又、サンバーンを繰り返す事は皮膚ガンの危険性も高めますので要注意ですよ。

 

サンバーンを起こした際は、冷やす事が最も大切です。冷シャワーや冷タオル等を使い、ほてりや痛みが引くまで冷やしましょう。数日経って痛みが引いた後は、保湿成分が含まれた化粧水等でケアしましょう。

 

紫外線の種類を知って早めの改善を!!

今回は紫外線の種類と、種類別の特徴や対処法をご紹介してきましたがご参考になりましたか?UVCは全く影響がありませんが、UVA・UVBはどちらも肌に悪影響を及ぼします。

 

短期的に考えるとUVBの方が怖いですが、長期的に考えるとUVAも放っておけませんね。これらの対策としては、日頃からUVケアを行う事です。UVAは冬場でも降り注いでいますので、注意して下さいね。

 

紫外線の種類別にしっかりケアし、いつまでも綺麗な肌を保ちましょう!!