日焼け 原因

日焼けの原因となるUVA・UVBとは?その症状と対策をご紹介!!

日焼けの原因が紫外線と言う事はあなたもご存知だと思います。しかし紫外線には種類があり、種類によって日焼けの仕方が違う事はご存知ですか?今回は、紫外線の種類と日焼けの仕方の違いをご紹介します。

 

又、対策方法もご一緒にご紹介します。紫外線の脅威から肌を守る為、しっかり種類を知って対策していきましょうね!

 

肌にダメージを与えるUVAとUVBとは?

紫外線には種類あり、UVA・UVB・UVCの3種類です。オゾン層の影響でUVCは地上へは届きませんので、日焼けの原因となるのはUVA・UVBの2つです。UVAは紫外線A波、UVBは紫外線B波とも言われています。

 

UVAは非常に浸透力が強いのが特徴で、肌の奥底まで到達してしまいます。又、1年を通して降り注ぐ量は変わりませんので、夏場だけでなく冬場もガードする必要があります。UVAを長年浴び続ける事で、シミやシワの原因ともなる厄介な紫外線です。

 

UVBは威力の強い紫外線で、肌に炎症を起こしやすいです。浴び過ぎる事で、肌が赤くなり痛みを伴う炎症となるのです。酷い場合は皮膚科の受診も必要になる、とても危険な紫外線です。

 

降り注ぐ量が多いのは夏場で、特に午前10時~午後2時までがピークです。この時間帯はしっかり紫外線対策をして出歩きましょう。

 

サンタンとサンバーンで日焼けの症状が違います!

紫外線によって日焼けの種類は違い「サンタン」と「サンバーン」に分かれます。サンタンは主にUVAによって起こり、サンバーンはUVBによって起こります。サンタンは皮膚が褐色に色付いた状態で、痛みがほとんどない日焼けの事を言います。

 

紫外線に当たると肌を守る為にメラニン色素が生成されます。そのメラニン色素が褐色の肌をつくっています。サンタンを起こした後はメラニンによる色素沈着を防ぐ為に、美白化粧品等でケアしましょう。

 

又、ビタミンCには美白効果やターンオーバーを促進する働きもありますので、摂取する事をお勧めします。ターンオーバーはメラニンによる色素沈着を防いでくれます。その上ビタミンCには日焼け後の炎症防止効果もある優秀なビタミンですよ!

 

サンバーンは医学的に日光皮膚炎とも言われています。肌が赤味を帯び、ヒリヒリした痛みや水ぶくれを伴う炎症を起こす為とても危険です。痛みが酷い場合や水ぶくれができた場合は皮膚科を受診しましょう。

 

サンバーンは肌を老化させるだけでなく、皮膚ガンの原因ともなりますので注意して下さい。「サン=太陽」「バーン=火傷」を意味する様に、サンバーンによる日焼けは火傷です。よって、サンバーンを起こした際は冷やす事が大切です。

 

冷シャワーや冷タオルを使って、ほてりが引くまで冷やしましょう。又、外出時は日焼け止めクリームを塗り、UV対策用の衣類を身に付ける事もお勧めです。紫外線をガードして危険なUVBから肌を守りましょうね!

 

紫外線対策をして5年後・10年後も変わらない肌を…!

今回は、日焼けの原因と紫外線の種類や対策方法をご紹介してきましたがご参考になりましたか?UVA・UVBに対し何もしないで出かけると、肌に大きなダメージを与えてしまいます。さらにケアを怠る事で、5年・10年経った時に後悔するかもしれません。

 

今からしっかりUV対策を行う事が肝心です。夏・冬関係なく1年中紫外線に気を付けて下さいね!