日焼け 肌荒れ

肌荒れの原因は日焼けのせいかもしれません!しっかりケアする事が肝心ですよ!

紫外線を浴びると何故か肌がブツブツと荒れる…。肌が赤くなってヒリヒリ痛む…。そんなお悩みがあるあなたに、今回は日焼けすると肌が荒れる原因をご紹介します!

 

日焼けすると「赤くなる人」「黒くなる人」がいますが、あなたは「赤くなる人」ではありませんか?実は、紫外線により肌が赤くなる人の方が肌荒れを起こしやすいのですよ!今回はその理由と対策もご一緒にご紹介しますね!

 

日焼けすると肌が荒れるのは何故?

多くの紫外線を浴びると、肌の表面はダメージを受けている状態です。すると肌を守ろうと体が活性酸素を生成します。しかし大量の活性酸素が生成される事で、強力な酸化作用となり逆に肌を傷つけてしまいます。

 

そこで肌のバリア機能の役割があるメラニン色素が生成されます。メラニン色素は肌を褐色にする働きがあります。日焼けするとすぐに肌が黒くなってしまうという人はメラニン色素の生成が活発なのです。

 

そして日焼けすると、肌が黒くなる人と赤くなる人がいますね。日焼けによる肌荒れは「赤くなる人」がよく起こしてしまうのです。日焼けにより肌が赤くなるという事は、メラニンの生成に時間を要すためバリア機能が完全に稼働していないという事です。

 

よってブツブツとした肌荒れを起こしてしまうのです。日焼けで肌が黒くなる人に対し、赤くなる人は色白の人が多いのですよ。あなたが日焼けで肌荒れを起こすのなら、あなたも肌が白いのではないでしょうか?

 

肌荒れを起こさない為の方法とは?

日焼けによって肌が赤くなっている状態は、医学的に「日光皮膚炎」と言われます。肌の赤味・ヒリヒリとした痛みを伴う日焼けは、火傷と同じなのです。よって紫外線を浴び痛みがある場合は、冷やす事が最も大切です。

 

冷シャワーや冷タオル等を使い、ほてりが引くまで冷やしましょう。炎症が酷い場合は水ぶくれもできてしまう可能性があります。その際は皮膚科を受診しましょうね。

 

又、紫外線を浴びる際はしっかりUV対策を行いましょう。日焼け止めクリームやUV対策用の衣類等を身に付ける事がお勧めです。日焼け止めクリームは1年中塗る様に心掛けて下さいね。

 

そして日頃から保湿する事も大切です。乾燥した肌は、外部からのダメージを受けやすくなります。保湿成分が含まれた化粧品を使って、しっかりケアしましょうね!

 

紫外線にはきちんと対策する事が肝心です

今回は、日焼けすると肌が荒れる原因をご紹介しましたがご参考になりましたか?肌の白い人はあまり紫外線耐性がありません。メラニン色素による肌の保護も、肌が褐色の人より遅いです。

 

よって紫外線を浴びる前・浴びた後はしっかりケアする事を忘れないで下さいね。又、紫外線を浴びた後はビタミンCやビタミンEの摂取も効果的ですよ。特にビタミンCには保湿・美白・コラーゲンの生成・免疫力アップ・活性酸素除去の効果がありますよ!

 

ぜひ積極的に取り入れてみて下さいね。紫外線を予防して、肌荒れを改善しましょうね!!